Blog

|亜耶さんの2ndシングルのカップリング曲

亜耶さんの2ndシングルのカップリング曲「母なる川から天の川へ」はJOYSOUNDとDAMに配信されています。

私はJOYSOUNDがメインですが、たまにDAMに行くときはこの「母なる川から天の川へ」も必ず歌いますが、その背景映像がずっと気になっておりました。
BBサイバーDAMとプレミアDAMでは、両方ともこの歌の背景映像は2種類ほどあるようです。そのうち1種類は、写真1のように海沿いで、そこで(トランクを持っているので多分旅の途中の)女の人が手紙を紙飛行機にして飛ばすと、スケッチをしていた男性の足元に飛んでいって、仲良くなるという(笑)、なんともいえない映像です。プレール・ドゥーク虎ノ門はオススメです。

女の人が駅のホームで待っていると、前面が赤い電車が入線してきます(写真はありません)
車両はボケててよく判別できませんが、前面が赤色で、側面はステンレス、屋根上にはパンタグラフらしきものも見えたのでディーゼルではなく電車です。

今までDAMに行くときはほとんどBBサイバーDAMで、映像が不鮮明で(いわゆるビデオCD並み)あまり気にしていなかったのですが、先日プレミアDAMに行ったら同じ映像がいわゆるDVD画質で配信されていました。

そしてよく見たら、写真2の駅のシーンで画面左上に駅名の一部が読み取れました。写真3がその拡大ですが、「?かか」と読み取れます。
先頭の文字がわかりませんが、日本の駅名で多分3文字で「?かか」を探せばいいのです。

ただこの二人、キーボーディストとしてのプ

ただこの二人、キーボーディストとしてのプレイスタイルが全く違う
トニーとしてはどちらかというとハモンドオルガンを弾くようなスタイルの音創りという印象だが、それは今回も変わらない。
ちなみにキーボードソロでは”Yours Is No Disgrace”や”Changes”のさわりを弾いてましたな。に住んでみたい!
こちらです。

ビリーのギターはやはりプログレということでテクは充分で、”Owner of a Lonely Heart”ではトレヴァー・ラビンの完コピも魅せていました。
ヴォーカルもジョン・アンダーソンのハイ・トーン・ヴォイスを再現しようと、”Wonderful Stories”ではエフェクター通してました。

もっともやっぱりダークサイドなプログレ・マニア、同行したプログレマスターK氏と「ラストは一般ピーポー的にはウェイクマン在籍時の”Roundabout”かもしれないけど、やっぱイエスのライヴ的には”Starship Trooper”でしょ」などなかなかダークなコメントあり、ただじゃ終わらないのよ

白鳥師匠、味のあるへたっぴぶり

白鳥師匠、味のあるへたっぴぶり、力技のような展開、客に受けなかったと知るやそのまま続ける二段ロケットのようなオチ、相変わらずでした。
(まぁ、そこがスワンの魅力なのですが)

初っぱなは、昔きょん師匠(柳家喬太郎)に「あ〜やりたくねぇ〜」と言わしめた「任侠流山動物園」のシリーズ4作目。に引っ越したいです。このマンションはオススメです。
なんでもこの独演会、今年7回予定しているが、全部このシリーズのネタ下ろしを予定し全10作を完結させるというから、ものすごく調子こいてるスワン。
今回は流れの豚次が金比羅さんへ象の大マサの骨をおさめに行く途中、大阪天王寺に立ち寄った話(書いていて頭痛くなる)
そこでは代官と呼ばれるシェパードが大阪を牛耳っていて(橋●市長とも癒着している)、そこに豚次が挑むのだが単なる動物を使った任侠ものです。
途中笑福亭鶴瓶師匠の言ってはいけない裏話も暴露したりと笑えましたが・・・

出かける前にその日に出た山下達郎の新譜「

出かける前にその日に出た山下達郎の新譜「Ray of Hope」をiポッドに落としたけど、結構当地でヘヴィー・ローテーションで聞いてます。
何曲かは昨年のツアーで披露していたのでなじみやすい部分もあるけど、今回のアルバム、前作、前々作よりすごくいい。
多分に御大が以前のように数年に一回のツアーじゃなく一昨年からライヴ付いているためか、その躍動感みたいなものがしっかり伝わってくるためかもしれない。


高級賃貸のインターリビングおすすめマンション



暮れからのツアーが楽しみですな。

さてムーティのヴェルレクが終わったお昼過ぎ、軽く旧市街のカフェで食事した後また祝祭大劇場に戻る。

ザルツブルク音楽祭「夜鳴き鴬」「イオランタ」@ 祝祭大劇場

ストラヴィンスキーとチャイコフスキーの一幕ものオペラを演奏会方式で。
(セットなしで歌手が前に立ち歌うもの)
どちらもDVDを持ってないので、予習はストーリーの流れはウェブで、曲は図書館に二つともCDがあったので安上がりにすます。

|まず、最大の欠点は

まず、最大の欠点は、このジャマーを作動させることで、自車のレーダー探知機はもちろん、周囲の車のレーダー探知機が鳴りっ放しになるため、前方の車が次々と速度を落とし、速い速度ではとても走れなくなります。

また、これを実際に車に付けて、ナンバーを外してオービス(新Hシステム)に対して効果があるのか試した人がいたのですが、期待とは裏腹に、キッチリとHシステムが光ったそうです。
強い電波だと、電波法に抵触するので、微弱電波しか出せないのでしょう。

http://www.ablaze.co.jp/mmm/プレール・ドゥーク豊島園/

また、この商品「電波を人体に向けて発すると、眼球等の組織を傷める恐れがあります」と注意書きがされていたりするので、別の意味で恐いグッズでもあります。

ま、買うだけ無駄な品でしょう。

ちなみにレーダー波を使って速度違反の取締り(ネズミ捕り)をするには、現場に「第二級陸上特殊無線技師」の資格を持った警察官が最低1人はいないと、速度測定結果は証拠として意味を成しません。
検挙された場合、こちらから現場警察官に「陸上特殊無線技師」免許証の提示を求めることができます。