天神のおすすめスポット

今回は天神のお勧めスポット『水鏡天満宮』をご紹介。水鏡天満宮は御祭神が学問の神様で有名な菅原道真神。
こちらでは天神様として祀られ天神の地名に由来する名前となっています。
御神徳は学業成就・災難除け・開運となっています。道真公は大宰府に赴任途中、
四十川の清流を水鏡にして自らのやつれた姿を映し嘆き悲しみました。
道真公は大宰府へ左遷されましたが、その後京の都では異変が相次ぎ、激しい天変地異に、皇太子たちの死。
それらは道真公の祟りとして人々に恐れられました。
その場所に建設されたのが水鏡天満宮。このことが由来して水鏡天神または容見天神と呼ばれ現在まで天神の人々に愛されています。

道真公は大宰府で変死を遂げ、亡骸は牛車に運ばれましたが、墓所へ移動中、牛車は止まってしまいました。
牛が何をしても微動だにしない為、結局その場所に道真公の墓所は建設。
現在の安楽寺、太宰府天満宮となっています。
このように牛と道真公はセットで取り上げられる機会が多々見られます。
水鏡天満宮でも変わりなく牛の銅像が重宝されていますので是非ご覧ください。
その後、福岡藩初代藩主黒田長政が現在の地に移転し、二代藩主忠之が社殿を再建したとされています。
水鏡天満宮へのアクセスは天神駅から歩いて五分の場所に位置しています。繁華街の少々外れにあり、ひっそりと佇んでいるので静かにくつろげる空間です。